株式会社要興業 RECYCLING

東証ロゴマーク

東証二部上場
(証券コード:6566)

廃棄物管理の情報が知りたい方へ

要のオンライン廃棄物セミナー

開催概要
開催概要
日時
  • ・2020年12月11日(金) 13:30スタート17:00終了予定
会場 Zoomで行います。
資料は、PDF化したものと紙媒体のテキストをご用意しました。
参加者へは、受付後、メールでやり取りさせて頂き、
開始までに以下を送らせて頂きます。

・zoomのURL等(送信)
・PDF化した資料(送信)
・テキスト「東京の廃棄物処理とリサイクル 第13版」(送付)

1回線で複数名受講される企業様に関しても、
恐れ入りますが送信先、送付先は一箇所となりますのでご了承お願いいたします。
対象 東京23区内に事業所がある方又は管理物件のある事業所の方
(当社とお取引があるか、お取引を検討している事業者様に限ります。)
費用 無料
定員 30名(30回線。回線安定の為、接続する回線数を絞らせていただきます。1社2回線までのお申込みでお願いいたします。)

のっぽのビルが立ち並ぶ東京23区において、新型コロナウイルスは事業系廃棄物を処理する業者に深刻なダメージを与えています。
オフィスに出勤する人は減り、街中を歩く人が減り、お店やホテルは閑古鳥が鳴いています。
当然、事業系廃棄物も減少しました。売上は下がったまま先が見えません。
2018年初頭より続く廃プラ問題、ドライバー不足のダブルパンチと合わせて昨今の資源相場の下落も響き、業界はまさに悲鳴を上げています。

想像したくないことですが、今まで経験しなかったレベルの事態であることは間違いありません。この先こういう状況が続くと、資金が滞り突然廃業してしまう廃棄物処理業者が出てくるかもしれません。
ヤードに廃棄物を積み上げたまま、突然、収集に来ないということもあり得ます。そういう考えたくもない事態が起こる確率が高いのが、実は今から数か月間なのです。
そういった場合、排出事業者責任を負う排出事業者が被る不利益は計り知れません。

未処理のまま廃棄物が処理業者のヤードに滞留していれば、状況によっては排出事業者が何とかしなければいけません。関わらないわけにはいかないのです。
では、具体的にどうなったら何をすればいいのか?

明日からすぐに収集する処理業者を探さなければ、ビルはごみであふれてしまいます。処理業者が次の業者を見つけてくれるとは限らないのです。
では、急遽、新しい処理業者を選ぶ時はどういうところに気をつければいいのか?

行政からいきなり「契約書やマニフェストをきちんと管理していたか」という調査をされる可能性もあり、不備だった場合は何らかの不利益を被る可能性があります。
どういう管理をする必要があるのか?どういう書類を残しておくのか?

危機は突然訪れます。備えがあれば全くなんでもない災害であっても、備えがなければこっぴどくやられる場合があります。排出事業者にとっては、まさに廃棄物も同じです。
実際、ここまで現実的な脅威が来ていない時代であっても、不利益を被らないために、要興業では当社のお客様である排出事業者を対象として、約10年にわたり数百回のセミナーを開催し、のべ数千人の方に廃棄物処理法という厄介な法律を、無料で学んで頂いてきました。
そのセミナーを、御社のデスクやご自宅で、お手軽に受けて頂く準備ができましたというのがこのページでお伝えしたいことです。

申し遅れました。私は、要興業の経営企画室に所属している西野と申します。
実は、要興業が提供するほぼ全てのセミナーで講師を担当しています。
今年度は、実は長い間、コロナの関係でセミナーを開催することができませんでした。
ですが、色々と試行錯誤を繰り返し、出来ることと伝えたいことを明確にし、やっと「これでよいだろう」と思える内容を作り上げることができました。
まだまだ試行錯誤の段階ですが、受けて損をすることは絶対にありません。オンラインなので、移動に時間を使うこともありません。
興味のある方は、人数の制限があるので是非すぐにお申し込みください。
ちなみに、料金は無料です。
それでは、セミナー内容を説明しましょう。

要のオンライン廃棄物セミナー
第1部(60分)
  • 廃棄物処理講習1
    タイトル画面
  • 廃棄物処理講習2
    オフィスでどうぞ
  • 廃棄物処理講習3
    ご自宅でどうぞ
  • 廃棄物処理講習4
    オフィスで皆様でどうぞ

事業系廃棄物は、排出事業者が責任を持って処理しなければいけません。
その際に守るべき法律が廃棄物処理法です。
第1部では廃棄物とは何ぞや?という部分から始め、産業廃棄物と一般廃棄物の区分、産業廃棄物と一般廃棄物の処理等の基礎的な内容について説明します。

第2部(80分)
  • 廃棄物処理演習1
    第2部はこちら
  • 廃棄物処理演習2
    収集運搬の様子
  • 廃棄物処理演習3
    圧倒的な迫力
  • 廃棄物処理演習4
    マニフェストを理解する

事業系廃棄物を排出する事業者は、他社に処理を委託したとしてもその処理責任を転嫁することはできません。
第2部では、主に実際の廃棄物処理を映像で見て頂きます。廃棄物処理業界ならではのダイナミックな処理の様子を覗き見て頂くのと合わせて、業界の慣習である二次処理、三次処理の仕組みを学んで頂きます。
また、処理の流れと合わせてこの業界独自の伝票であるマニフェスト伝票の動きも理解できるような内容となっています。

第3部(60分)

第3部の内容は流動的です。
最近起こったニュースや罰則を課された事例を紹介することもあれば、今まで頂いてきた質問への回答を共有することもありますし、環境関連の法律を説明することもあります。
現時点では、排出事業者が科せられた罰則事例、環境関連の法律の解説と合わせて、少なくとも新型コロナウイルス関連の省令の改正、中国初の廃プラ問題の最新情報を用意しています。 ここまでが、ご案内する『要のオンライン廃棄物セミナー』の内容です。
成功するか失敗するかはわかりませんが、今まで行ってきたセミナーと伝えたい内容は同じであり、ご満足いただける内容になるように当日までセミナー内容は練り直す所存です。

参考までに、以下が前のオフラインでの無料セミナー、『要の廃棄物処理講習&演習セット』にご参加いただいたお客様の感想です。

  1. 演習のマニフェスト伝票の流れが非常にわかりやすく、有り難かったです。
  2. 全体を通して興味を持って話を聞くことができました。演習でマニフェストの流れがイメージできたのが良かった。頭でわかっていても実際、目で見てみるとよくわかる。
  3. ゲームが良かったです。マニフェストの流れが良くわかりました。業務(CSR関連)に生かしていきます。
  4. 一般廃/産廃の区別が今一分からなかったので、それが理解できた。演習で、実際の流れが終えて新鮮でした。
  5. 工場を写真、動画で目にすることができ、有意義でした。
  6. 演習は分別、流れの説明が具体的で、非常に分かりやすかった。
  7. 質問に答えてくれる時間が多くあり、沢山答えて頂きました。
  8. 今回のセミナーで演習を受けて、実際行っている事を再度自分の目で確認できた事が良かったと思います。それと、その廃棄物が最終どういう形になるかが写真で良くわかり、いい勉強ができました。
  9. 一般廃と産廃の違いの説明、演習、マニフェストの流れを、わかりやすく説明して頂きました。
  10. 産業廃棄物のフローが演習で具体的に示され、大変分かりやすかった。今後、業務を委託する時にイメージしやすくなった。社内(現場)の人間にも聞かせ、廃棄物により理解を持たせたい。
  11. 廃棄物の流れが分かる演習が大変良かったです。特に最終的に何に再生、又は処分されるのかよく理解できました。
  12. 排出されたゴミの流れが明確にわかりました。排出事業者としての責任を持ち、今後もご相談させて頂きます。
  13. 演習の際に、自分で廃棄物を分別し契約をしたのが分かりやすかったです。一度工場見学をさせて頂いた事がありますが、質問をすると分かりやすく実例を用いて説明して下さるので良かったです。
  14. 実践演習は、分かりやすかったです。今後、工場見学にも行きたいと思います。
  15. シュミレーション込みの説明が分かりやすかった。また、産業廃棄物の内容が分かりやすかった。
  16. マニフェストについて、これまでファイリングするだけでしたが、その意味を知り、重要さを勉強できました。
  17. 法改正の要点が非常にわかりやすく説明されて良かった。社員に工場見学をさせたいと思いますので、その節はよろしくお願いします。
  18. カードを使ったマニフェストの発行手順の説明がゲーム感覚で大変分かりやすく理解することができました。今後、定期的な社内研修として導入させて頂きたいと考えております。
  19. 廃棄物の種類分けについて理解することができた。廃棄物が処分される流れが理解できた。演習でより理解をすることができた。
  20. 演習セット教材による廃棄物の分類方法としてマニフェスト伝票の流れがよくわかりました。廃棄物処理時に委託業者の許可の取得状況の確認が必要であることを認識させられました。
  21. カードを使った演習は、始めてでもとてもわかりやすく、講義を聞くだけではわかりにくい部分がわかるように工夫されていました。
  22. 最初の講義部分のお話ははっきりとしていて大変わかりやすかったです。今までグレーではっきりせず、何度読んでもわからなかったことがスッキリしてよかったです。

また、出張セミナーでも沢山の感想をいただいています。

多くの方にお褒めの言葉をいただいています。 多くの方にお褒めの言葉をいただいています。

 追伸:
恥ずかしながら当社はオンラインに不慣れなので、突然回線が不通になるといった不具合もあるかもしれません。
恐れ入りますが、その場合は不具合を修正した後に、再度開催させていただきますのでご了承お願いいたします。

開催概要
開催概要
日時
  • ・2020年12月11日(金) 13:30スタート17:00終了予定
会場 Zoomで行います。
資料は、PDF化したものと紙媒体のテキストをご用意しました。
参加者へは、受付後、メールでやり取りさせて頂き、
開始までに以下を送らせて頂きます。

・zoomのURL等(送信)
・PDF化した資料(送信)
・テキスト「東京の廃棄物処理とリサイクル 第13版」(送付)

1回線で複数名受講される企業様に関しても、
恐れ入りますが送信先、送付先は一箇所となりますのでご了承お願いいたします。
対象 東京23区内に事業所がある方又は管理物件のある事業所の方
(当社とお取引があるか、お取引を検討している事業者様に限ります。)
費用 無料
定員 30名(30回線。回線安定の為、接続する回線数を絞らせていただきます。1社2回線までのお申込みでお願いいたします。)