株式会社要興業 RECYCLING

I R

株主・投資家の皆さまへ

要興業は、廃棄物を適正処理し、再資源化する会社です。

当社は単一セグメントですが、売上計上という観点からみて3つの事業で成り立っています。

当社のビジネスフロー

当社のビジネスフロー

当社のメイン事業は、収集運搬・処分事業です。
この事業では、事業者と直接契約をし、事業所から発生する廃棄物を東京23区が運営する清掃工場や当社が運営するリサイクルセンター等に運搬し、処分を行っています。
売上は、事業者からいただく処理料金です。
当社が扱う主な廃棄物は、事業所から日々排出される廃棄物です。
通常、一度契約したら自動的に継続する契約となっているため、いわゆるストック型ビジネスといえます。

2つ目の事業は、リサイクル事業です。
この事業では、収集運搬・処分事業で収集した廃棄物を再資源化し、販売します。
対象となる資源は、段ボールを始めとする古紙、PET・PS(ポリスチレン)を始めとするプラスチック樹脂、鉄・非鉄等の金属類です。
リサイクル事業においては、資源の販売先である製紙会社や電炉メーカー等から受け取る販売料金が売上となります。

3つ目の事業は、行政受託事業です。
この事業では、家庭から排出される廃棄物・資源を東京23区が運営する清掃工場や当社が運営するリサイクルセンター等に運搬し、処分を行います。
行政受託事業においては、東京23区の各区等からいただく処理料金が売上となります。
当社の子会社である株式会社ヨドセイは、家庭から排出される廃棄物の運搬がメインとなります。

当社の売上について

売上高の推移は以下の通りです。

売上高の推移

売上高の推移

事業区分別の売上高構成は以下の通りです。

売上高の構成

売上高の構成

収集運搬・処分事業について

当社は創業以来、順調に事業を拡大し、売上は増え続けています。
この拡大の中心は、当社のメイン事業である収集運搬・処分事業です。
通常のオフィスビルや複合商業施設であれば廃棄物は毎日発生しますので、当社は毎日回収に伺っています。
これらの定期回収現場においては、確実な収集を真摯に続けることで、特段の営業コストを掛ける事なく仕事を継続させていただくことができます。
そのため、当社の営業スタッフが開拓するのは新しい現場のみということになり、それらが毎年、既存の定期現場の売り上げに積み上がっていくこととなります。
これが、当社ビジネスがストック型ビジネスとなる理由です。
確実な収集と営業活動の推進により、当社が定期回収のご契約をいただくお客様数と現場数は、下図の通りとなりました。

充実した収集運搬インフラ

充実した収集運搬インフラ

地道な営業活動を推進することにより、当社のお客様数と現場数は増え続けています。お取引いただいているお客様の内訳を見ますと、一番売上が多い企業であっても6%程度に留まっておりまたお客様の業種もまちまちで、売上の分散は計られており、特定のお客様に依存しておりません。
またお客様のコンプライアンス体制への支援も徹底しています。廃棄物処理法という難解で複雑な法律をお客様に理解してもらい、順法を促す活動も行っております。法を解説した小冊子やコミックを作成して配布することや、当社の社員が講師となり、お客様先の従業員様を対象とした廃棄物セミナーを年間40回程度行っており、好評を得ております。
東京23区内の事業系一般廃棄物※の収集運搬量のうち、当社が占めるシェアはまだ10%程度です。収益性を確保しながらシェアを伸ばせる余地があると考えています。

多くの収集現場と運搬先を確保することにより、当社はより短い距離でより多くの廃棄物を運搬することができるようになりました。東京23区内であれば、新しい現場が発生しても既存の回収コースに組み込むことができるため、現場が増えるほど利益が増える状態になりました。
また、ドライブレコーダー等のハードウェアの設置、配車システムや電子マニフェストEDIシステムといったソフトウェアの開発を行うことにより、安全で効率的な収集インフラを支えています

また、廃棄物を処分する自社リサイクルセンターも、年を追うごとに増設してまいりました。今では、東京23区内に以下の拠点を構えています。

当社グループ拠点図

当社グループ拠点図

事業系一般廃棄物 事業所から排出される一般廃棄物

リサイクル事業について

収集運搬・処分事業で収集した段ボール・古紙・金属類・樹脂類を販売するのがリサイクル事業です。当社の車両でそのまま販売先に運搬するものや、自社リサイクルセンターで加工してから販売するものなど、様々なパターンがあります。
大まかに説明すると、以下のような図となります。

リサイクル事業

リサイクル事業

行政受託事業について

家庭から排出される廃棄物は、事業者が責任を持って処理を委託する事業系廃棄物と違い、各市区町村が責任を持って処理することになります。
東京23区においては、各区と東京二十三区清掃一部事務組合が処理を行っています。
当社グループの㈱ヨドセイは、各区からの要請により可燃ごみ、不燃ごみ、粗大ごみ等の運搬を担っています。
当社は、各区との契約により飲料容器類の収集運搬・処分、容器包装プラスチック類の選別圧縮、粗大ごみの処分、不燃物の再資源化等を行っています。

家庭ごみの運搬

家庭ごみの運搬

資源化処理

資源化処理